2011/12/03

海外旅行トラブル:ティボリ ヴィラデステ

ローマの近郊ティボリのヴィラ・デステ(エステ家庭園)というお屋敷&噴水庭園に行きました。
閉館時刻は18:00です。
アマルフィからバスでの移動だったので12:30に出発予定が、
バスのドライバーが「そんなに早く出なくても余裕で着くから大丈夫さ!」と言ったのです。
イタリア人のいうことをまともに聞いてはいけないのに、
ガイドはうっかりその言葉を信じてしまいました。
途中、サービスエリアでトイレ休憩&立ち食いなどしてましたら、どんどん時間が押していきます。
そして、ティボリの駐車場に着いたのが、17:40。
その後は庭園まで徒歩でいきます。
閉園10分前の17:50に到着。
イタリア人~信用できません!
そんな時刻に入って何が見れるというのでしょう!
無謀な観光です。
このときもガイドからチケットを渡されずに中へ入りました。
窓際部長は写真撮りに夢中でやがて同行者とはぐれてしまいました。
そしていつの間にか出口へ出てしまいました。
そこで係員から
マダ~ム。もう閉園ですから~中には入れませんよ~」といわれました。
窓際部長は大汗かいてあわあわ言ってると、
マダ~ム。英語かイタリア語わかりますか?」と聞かれたので
英語を少し」と答ました。
そのときに「行く」と「来る」の使い方を間違えてしまいました。
「私は階下にある入り口から来て、階段を上って、ここへたどり着いた」といったつもりが
「私は入り口から行って、階段を上って、ここに行った」と表現してしまったので
係員は(この東洋人は頭がおかしいのではないか?)という疑いの目で見られ、
「おかしいですね。入り口も出口もここですよ」と言われました。
おまけに入り口からすぐに階段を下りたことに気づかずに
出口までやってきたので話は食い違うのです。
係員はついに「チケットを持っていますか?」と尋ねてきました。
当然ながら先ほどガイドがチケットを配らなかったので持っていません。
正直に「いえ、私はツアー団体で入ったので持っていない。
同行者たちは庭園にいるはずだから庭園の方に行きたい
と精一杯の英語の語彙を使って話をしました。
なんとか通じたらしく、係員は庭園の方に案内してくれました。
次号へトラブルは続く
ヴィラデステ庭園

ヴィラデステ屋敷

2011/12/02

海外旅行トラブル:スリ遭遇

ローマからナポリまで列車ユーロスターイタリアに乗ることになりました。
イタリア最大の駅「テルミニ駅」からの乗車です。
第二次大戦中ムッソリーニが建てたことで有名な駅です。
テルミニ駅は、スリが多い駅でもあります。
改札はなく、プラットホームは直接出入りできるため
怪しそうなロマ(ジプシー)人がけっこういます。
ガイドさんが
この女はスリですから気をつけてくださいね~!
と大声で警告します。
その女はあきらめて我々一行から去っていきました。
そのとき、窓際部長は別のすごく貧相な顔の女とにらみ合ってました。
長距離列車なのに旅行者らしき荷物を持っていません。
いかにも怪しそうです。
高速列車ユーロスター・イタリアはホームからステップを上がって乗車します。
しかしガイドは我々に乗車券を渡さずに列車に乗せたので
指定席が分からない我々は立ち往生してしまいました。
そんな時にスリ集団は狙ってやってきました。
妊婦姿の女と貧相な顔の女が狭い通路を無理やり体を押し付けてきます。
ついに通路をふさいで我々一行を挟み撃ちにしました。
やがてその女たちは前後に分かれて去っていきました。
その瞬間に同行者の一人が「あっ!ファスナー開いてる!」と叫びました。
腹の位置にあるウエストポーチのファスナーを開けられました
同時に今乗り込んだばかりの貧相な顔の女が逆走してトイレに入っていきました。
そして別の同行者が財布をすられたことに気づきました。
妊婦姿の女は前方に進んで列車から離れ、
貧相な顔の女はまもなくトイレから出てきて列車から降りていきました。
窓際部長は貧相な方の女の行動を見ていたんですが、
スった瞬間は見ていなかったので何もすることができずに取り逃がしてしまいました。
列車が動き出してようやく一行は落ち着きを取り戻しました。
今、遭遇した出来事をおしゃべりしながら、お弁当を食べました。
食べ終えた後に、同行者が皆のごみを集めて捨てに行ってくれました。
その列車には日本の新幹線のような大きなゴミ箱はなく、
トイレに小さなごみ箱があるだけです。
同行者はそこにむりやりごみを押し込むとゴミ箱がパカッと壊れました。
すると底の方からすられた財布が出てきました
現金だけ抜き取られてカード類は無事でした。
狙われたのは人のよさそうな年配者です。
日本人は濃い顔の視線にたじろぎがちですが、
怪しいと思ったら、目をそらさずにじっと見ることが大事だとわかりました。
さて、高速列車ユーロスター・イタリアは座席が2列と1列の配置でゆったりしており、
デザインもおしゃれです。
高級車フェラーリをデザインした人のデザインだそうです。
新幹線のような3列、2列の窮屈さはありません。
しかもコーヒー・紅茶・ジュース、新聞の無料サービスがあります。
次号にトラブルは続く。
ポーターは荷物を積上げる
全部積上げたが動かせず

2011/12/01

海外旅行トラブル: アッシジのホテル

アッシジのホテルには星はありませんでした。
だから、期待はしてませんでした。
しかし中に入るとかつてない衝撃が!
・・・狭い
たった3畳ほどしかありません。
こんなに狭い部屋は初めてです。
トランクは全開できません。
バスタブはなく、シャワーだけです。
エアコンもありません。
やがて窓の外から叫び声が聞こえます。
窓の外を見ると同行者がテラスの上から叫んでいます。
テラスに出たとたんにドアのかぎが閉まった。助けて~~!
隣の部屋の同行者が助けてました。
気づいたのが日本人でよかったです。
夕食の時に口々に
「1人部屋は3畳しかない」と愚痴ってましたら、
ここは巡礼の地、アッシジだからね。
清貧の祖、サンフランチェスコが祭られてるから、質素なんだよ
すると別のご婦人は
あたしゃ、巡礼者じゃなくて観光客なんだから、そんなこと知ったこっちゃない!
普通にきれいなホテルに泊まりたいわよ!
「なるほど!ごもっとも」のことをおっしゃってました。
シャワーのお湯はことさらぬるかったです
翌日は初めて熱いお湯がでました。
ガイドさんがお願いしてくれてました。
一方、部屋の清掃でタオルが取り付けられていませんでした。
昼間だったのでガイドさんは不在です。
仕方なくフロントに電話をかけてイタリア語でタオルを注文しました。
タオルはasciugamano(アシュガマーノ)といいます。
聞きなれない単語が果たして通じるのでしょうか?
トラの巻き「旅の指さし会話帳」が役にたちました。
イタリアは都市以外では英語はまったく通じません。
次号にトラブルは続く。
アッシジの中学生の少女