2013/10/01

ソーイングセット差し上げます

わが社の社員さんは入社時はとてもスレンダーな体形ですが、
栄養摂取が過剰なのか運動不足なのか、
日に日にお腹周りの脂肪が増していきます。
そしてとうとうその日がやってきました。
社員Aさんは
あの・・・ズボンのボタンが弾けました…
と鬼駒子に訴えにきました。
鬼駒子は
あら、まあ!大変!ソーイングセット持ってますか? 」と問いかけます。
社員Aさん「いいえ、持っていません
鬼駒子「じゃあ、この¥100均のソーイングセットあげますから、ご自分で縫って下さい
社員Aさんはおずおずと
あの・・・私、縫えないんですけど…」
鬼駒子は
(えっ?ここで私が縫ってあげると思われたら迷惑だわ!そこまで面倒みないわ!)
・・・と、いう黒いオーラを発しながら、
あら!そうなんですか。なら誰かに縫ってもらってくださいね!」
と、冷たく一瞥してさっさと仕事に戻ります。
哀れ社員Aさんは立ちすくしたまま、救いを求める眼差しで見つめるのでした。

2013/07/02

仕事を終えたひと時

商談および営業会議用のオフィスを新設しました。
浜離宮庭園を眼下に東京スカイツリーが真正面に見えるナイスビューなところです。
汐留のビル群をガン見できます。
ソフトバンク本社や電通本社もガン見できます。
日が沈むとさらに夜景が見事です。
そんな夜景を見ながらのお楽しみはこれです。
社長は海外ドラマ『ボストン・リーガル』のとあるシーン
=主人公の弁護士2人が仕事が一段落した時に
 オフィスのバルコニーにて葉巻をくゆらせながらブランデーを飲み語らう =
・・・というのに憧れているらしいです。
そしてようやく真似する機会が訪れました。
社長は嫌煙家なので葉巻はいたしませんが、
下戸にもかかわらずバカラのグラスにスコッチを注いで一人夜景を眺めているらしいです。
さぞかし、美味しいことでしょう。
ただし酒の肴にバルコニーで秋刀魚を焼いてはダメですよ!
お向かいのビルから『火事だぁ!』と通報されますから。
いえね、以前、隙間がないほど接した隣のビルでどこかのサラリーマンが秋刀魚焼いてたんです。
それを見た社長は通報しそうになりました。
サテライトオフィスからの眺め
サテライトオフィスからの眺め

2013/07/01

屋形船に乗れる日

社長が最近やってみたいこと。
 それは屋形船に乗ってみたいのだそうです。
 かれこれ30年東京に在住しているのに一度も乗ったことがないのだとか。
 そんな社長を横目に窓際部長は鼻高々に
 「私は2度も乗ってますわ~。 (おほほ~)それも格安で!」と自慢します。
 B長は冷めた口調で
 「屋形船? そんなたいしたことないですけどネ!」とぼそっとつぶやきます。
 でも地方出身の社長としては1度でいいから江戸風情のある屋形船に乗りたがっています。
 『江戸前のてんぷらが食ってみてぇ~』とか申しております。
 (ちなみに社長はCS放送の時代劇チャンネルの大ファンで、江戸情緒がお気に入り)
 今年の社内レクレーションは屋形船の舟遊びになるでしょうか?
 コースは隅田川昇りのスカイツリー見物か、レインボーブリッジ巡りか。
 ちなみに鬼駒子に相談してみると、
 あっさり『今年のレクレーションは伊香保の温泉旅行です!』と言われました。
 あらまあ!残念でした。
 社長。屋形船ではなく、納涼船ならば安くて浴衣姿のお嬢さん方がいっぱいいますよ~。
屋形船

2013/05/02

零点壱屯倶楽部

今年の健康診断が終了しました。
そろそろ診断結果がお手元に届いている頃かと思います。
当社には密かに「零点壱屯倶楽部」(0.1トンクラブ)という組織が存在します。
なぜか、社員さんの多くが窓際部長や鬼駒子のごとく、入社後体重だけ増加していく傾向にあります。
そしてある重量を超えると零点壱屯倶楽部に自動登録されてしまいます。
名前のごとく『0.1トン』(100kg)。
・・・重いです。
名づけ親はB長
部員は今のところ男性だけです。
一方、女性用の倶楽部も存在します。
零点壱屯の弐分の壱倶楽部
これは女性が気にするボーダーライン「体重50kg」を超えたら登録されます。
健康管理面でいうと決して肥満ではありませんが、
見た目を気にする女子心はこの一線を超えると
自分の体重が許せない!でも食欲は減らせない!
・・・といろいろ気に病むところではあります。
部員はすべて極秘となっており、そのデータは決して明かされることはありません。
プライバシーマーク取得会社ですから、個人情報はしっかり遵守しております。

2013/05/01

イノセンスな新人

新人歓迎会が行われました。
毎年、幹事は前年春に入社した1年生が年度の最後に取り仕切ります。
会社近くのレストランを貸切りました。
窓際部長が受付で会費を払おうとしたところ、
幹事のAさんは「どちらさまですか?
窓際部長の影の薄さを物語っています。
当然、横にいた先輩社員からどつかれてました。
新人の多くは先輩社員から「鬼駒子への接し方」を色々伝授されていました。
「ものを頼むときには貢ぎ物(お菓子)が必要」
「帰省したときにはお土産(お菓子)が必要」などです。
怖いもの知らずの新人Bさんは鬼駒子へ質問します。
先輩方は鬼駒子さんのことを怖いって言ってるんですが、本当ですか?
新人Bさんよ、
君はライオンの檻に入れられて目の前のライオンに無邪気に何を質問しているんだ? と、いいたい。
鬼駒子いわく、
社会のいろんなことを部長や社長の代わりにいいたくないことも指導してあげているんですよ!
部長や社長が動く前にきびしいことを言わなきゃならん時もあるのですよ!
おっしゃる通りです。
最近ではすっかり社員さんのお母さん代わりになってます。
そして普段、影の薄い窓際部長が行動すると「岩が動いた」ごとくの大変な現象になりますので
皆様お気をつけあそばせ。

2013/01/01

新春の富士山

新年明けましておめでとうございます。
富士山好きの窓際部長は新春の縁起物 『富士山』 を飛行機から撮ってみました。
以前社員旅行で行った伊豆大島もあります。